夏の冷えの特徴と冷えないための冷房対策、冷えをとるための方法をご紹介しています。

普通に生活しているだけなのにどうして冷え症になるの?


 


6ページ中5ページ目 >>>| 123456

夏の特集!冷えないための冷房対策
夏の特集!冷えないための冷房対策 夏には冷える「原因」がある!

    "冷え”を感じるのは、冬だけではありません。
    夏も"冷え”を感じる人が増えています。
    東北の冬が寒いから、夏に弱いからだけではありません。
    夏には冷える「原因」があるのです。

夏の冷えの原因を知って賢く予防しましょう!


  夏の冷えの特徴


夏の冷えは、冬の冷えと異なる特徴があります。
それは、クーラー等冷房機器による、外気と室内の温度差による冷えです。

あつ〜い室外から、ヒンヤリした室内へ。 オフィス、お買い物、通勤通学等、当たり前に過ごしていますが、人間の身体はこの急激な温度変化にすぐに対応できません。
身体にとっては大きなストレスであり、冷えの原因でもあるのです。

【例えば・・・ちょっと想像してみてください】

突然、夜勤を命じられました。昼と夜の逆転です。
いつもならスヤスヤ寝ている深夜の2時にバリバリ仕事をしなければなりません。

夜勤初日はぼうっとしてしまうものです。

そして夜勤の2日目、また昼勤務となりました。
ようやく、昼間寝るのになれたら、今度はまた逆転です。

辛いですよね。
これに近い状態が夏場に私たちの体が受けているストレスです。

外に出れば灼熱地獄で、汗をかいて体温を下げようとしているのに、屋内にはいるとクーラーが。

頭ではわかっていても、人間の身体はこの急激な温度差に対応できません。
人間の身体が「この部屋は寒い」と判断し対応するのには時間がかかってしまうのです。
寒さを感じないまま室内にいるうちに、どんどん冷えてくるのです。

更に、暑い室外でかいた汗は、クーラーがガンガンに効いた室内に入ると急激に蒸発し、その際に気化熱で体温を奪ってしまいます。

最初は「わー 涼しい!」とちょっとうれしい気分になりますが、
これがくせ者。
涼しい!と思っているわずかな間にも冷えが入り血行が悪くなります。

夏の冷えは冷房の快適さの裏表。ちょっと厄介なのです。

そんな夏の冷えの対策はこちら

  
6ページ中5ページ目 >>>| 123456



お申込は今すぐ!コチラから(別窓表示)
▲※気のトレーニングを習いたい方はコチラからお申込下さい。

お問い合せフォーム  個別入学説明会 お申込フォーム


▲ページトップに戻る