導引術は全身の気の流れを活発にし心と体を磨き人生を開くための気のトレーニングのひとつです。毎日の生活の中で気の導引術を行うことで体の中の邪気を溜め込むことがなくなり健康な心と体が目指せます。福島県・茨城県で気の導引術を習うなら道家道学院東京道学院へお越しください。

道家道学院とは

  道家道学院設立

道家道学院は昭和55年にタオイズム普及のための道場として福島県いわき市に早島天来(筆名/早島正雄)初代学長によって設立されました。




  早島天来初代学長

早島天来初代学長は、明治43年3月3日、現在の 高知城造営の祖、大高坂家の嫡流としてこの世に 生を受けました。 村上源氏の村上水軍と縁の深い 大高坂家は、村上源氏より合気術と導引を受け継いでいたともいわれています。
父親同士の約束ごとで、生まれてまもなく早島家に養子にだされた初代学長は、それから早島正雄 (道名 天来)としてタオイズムの修行と普及の人生を送られたのです。

早島天来初代学長は長い修行の結果、昭和44年に中国以外の人ではじめて台湾にて道家龍門派伝的第十三代を允可され、嗣漢天師府(道教の最高機関)顧問となりました。
また中国道教協会との交流も行い、平成3年には中国道教協会主催の検討会に日本の修行者としてただ一人招待を受けました。その折りには、早島妙瑞第二代学長も同行され、中国の人々に熱烈な歓迎をうけました。

80冊をこえる著書は現代の人にも大変わかりやすくタオイズムを説いており、平成11年に登仙されて後も、国内外で何度も増刷され、海外も含めて多くの人々に読まれています。

現在、道家龍門派第十四代を継いだ早島妙瑞第二代学長に続き、早島妙聴学長が第十五代として継承し全国を回って タオイズムを学ぶ心とからだの「気のトレーニング」 (洗心術、気の導引術、道家動功術)を指導しています。
早島天来初代学長が創設した道家道学院は、タオイズムの3つの 「気のトレーニング」(洗心術、気の導引術、道家動功術)を 学べる唯一の学院なのです。





  総本部、支部

それぞれの支部(<道>学院)には総本部より タオイズム指導者として認定されたスタッフが常駐し、 広い年代層の方々が集まって、 楽しく元気に人生を開くための心とからだの「気のトレーニング」(洗心術、気の導引術、道家動功術)を重ねています。
福島県いわき市の総本部を中心として、 日本全国 札幌から鹿児島まで11ヶ所の<道>学院があります。


お問い合せフォーム  個別入学説明会 お申込フォーム


▲ページトップに戻る