日本道観 早島妙聴副学長が2011年国際道教フォーラム(International taoist forum)で論文発表をしました。

日本道観 早島妙聴副学長が2011年国際道教フォーラム(International taoist forum)で論文発表をしました。

日本道観 東京<道>学院TOP > トピックス一覧 > 日本道観 早島妙聴副学長が2011年国際道教フォーラム(International taoist forum)で論文発表をしました。

 


2011.10.24

2011年国際道教フォーラム(International taoist forum)で論文発表をする早島妙聴日本道観副学長

2011年10月23日から、中国湖南省の衡山で開催された
「国際道教フォーラム」(International taoist forum)
日本道観の早島妙聴副学長が参加、論文を発表いたしました。

発表論文(全文)はこちら

全世界から20余りの国と地域から、代表として500人余りが出席し、
その中から35名の方が論文を発表しました。

早島妙聴 日本道観副学長は、今年3月11日に起こった東日本大震災の際、
日本が中国を始めとする世界各国から支援を受けたことに感謝の意を伝え、
また今後、環境破壊により地球環境がさらに悪化して行く中、
「道(TAO)」の必要性を語り、早島天來 日本道観初代学長が生涯をかけて伝えた、
老子の教えてである「TAO」を学び、多くの人々に「道」に生きることを伝える
重要性を語りました。

Nihondokan participated in the International taoist forum 2011.



お問い合わせ
日本道観 [道家道学院 事務局]
(老子無為自然 ろうしむいしぜん)
<受付時間> 10:00〜17:00   メールフォームはこちら

ご相談内容や個人情報は厳重に管理し、所定の目的以外には使用致しません。
※個人情報の取り扱いについて、詳しくはこちらをご覧ください



▲ページトップに戻る